放射線治療科

放射線治療科

 放射線治療科は、悪性腫瘍を中心に様々な疾患に対し放射線治療を専門的に行っています。

診療方針

受診される皆様へ

 放射線治療は、治すことを目的とした治療から、症状を和らげるための治療まで幅広い役割を担うことができます。がん細胞の増殖能力を抑えることで臓器を切らずに治療をします。
 放射線を使うため痛みや熱さなど何も感じず、多くの場合、体への負担が少なく外来通院治療も可能です。1回線量を安全な量まで少なくし、数回~数十回に分けて照射します。
 あらかじめ医療機関(主治医)経由にて予約をとっていただいたうえで、受診してください。

かかりつけ医の先生方へ

 当院では通常の体外照射装置(リニアック)を使用した放射線治療を行っております。
 当院で不可能な放射線治療(IMRT、定位照射、小線源治療等)が必要な場合は他院に紹介しています。
 近年のコンピュータ技術の進歩とともに、放射線治療も急速に高度なものになっています。当院では、各専門資格を有するスタッフが在籍し、他科と協力しながら最善の治療ができるよう取り組んでおります。
 初診の予約は、治療の適応確認や情報共有のため、原則的に直接医療機関(主治医)よりご連絡をいただいております。
  こちらの手順にてご予約をお願い致します。
 当科は病床を持っておりませんが、入院が必要な患者さんは当院の該当科と調整いたしますのでご相談ください。

放射線治療科部長佐貫 直子

診療内容

乳がん術後照射

 乳房温存手術を受けた場合、術後の乳房照射により再発を予防します。病状に応じて短期照射も積極的に行っています。
 乳房全切除手術を受けた場合も、一部の患者さんで術後照射を行うことで治療成績が向上します。治療すべき部位に過不足なく照射され、心臓や肺などに不必要な放射線が当たらないよう工夫をしています。

肺がん

 切除の難しい肺がんに対し、抗がん剤を併用して治療を行います。
 また、病気によるさまざまな症状(痛みや、圧迫症状、気道が狭くなることによる症状など)を和らげる照射も行います。
 病変に放射線が集中して当たり、周囲の肺、脊髄、心臓などに不必要に照射されないよう工夫しています。

食道がん

 切除が難しい食道がんの場合、抗がん剤と併用または放射線治療単独で治療を行います。また、食道の病巣により食べ物が喉を通らない場合や、腫瘍やリンパ節の腫れによる圧迫症状がある場合、放射線治療により改善が期待できます。

膀胱がん

 切除が難しい場合や、内視鏡的な切除の後に病気の再発が懸念される病状において、放射線治療によって切らずにがんの増殖をおさえることが期待できます。

胃がん

 切除が難しい場合でも、病気による食事の通りが悪いことや、病変からの出血により貧血になるといった症状は、放射線治療により改善が期待できます。

肝臓がん

 手術、血管カテーテル治療やラジオ波などの治療が行えない場合、放射線治療で病巣の縮小が期待できます。

子宮がん

 手術後の再発予防目的で抗がん剤と併用で治療を行います。
 また、切らずに子宮を残して治療をする場合、体の外から放射線を照射する外部(体外)照射と、子宮の中から照射する腔内照射(三重大学と連携して行います)を組み合わせることがあります。
 また、リンパ節などに転移・再発した場合にも病状に応じて放射線治療を行うことがあります。

がんによる局所症状の緩和的照射

 あらゆる臓器のがんにおいて、以下の症状を緩和する効果が期待できます。
 骨への転移や病巣の進展による痛みの緩和、病巣からの出血の緩和(止血)、腫瘍が血管や腸管を圧迫することによる通過障害の緩和、脳への転移による症状緩和など。
 安全かつ有効な範囲で治療期間を短縮するよう努めています。
  • 治療計画用CT

  • 放射線治療機器ライナック

診療実績

外来医師担当表

 
1診(初診・予約診)

佐貫 直子

【午前のみ】

渡邊 祐衣

佐貫 直子

(予約診)

佐貫 直子

佐貫 直子

スタッフ紹介

放射線治療科部長佐貫 直子(サヌキ ナオコ)

平成11年医学部卒業

認定資格

・日本医学放射線学会放射線治療専門医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医