病理室

 病理室は、採取された組織・細胞を観察することで病気の診断(腫瘍性疾患か否か、腫瘍の場合は良性・悪性か等)を行っています。

業務概要

 当病理室は、迅速報告に徹しています。悪性腫瘍は国際分類に基づいて登録されています。

病理組織診断・術中迅速診断

 手術や内視鏡などによる生検により採取された組織を標本とし、顕微鏡下に診断を行います。通常の組織診断とともに、手術中に治療方針決定のために行う術中迅速診断も行われます。

細胞診診断

 喀痰・尿・液体成分中に含まれる細胞を顕微鏡下に観察し、病気の診断を行います。これらの細胞の採取方法として、病変に直接細い針を刺入して吸引する等があります。

病理解剖

 不幸にして亡くなられた患者様を解剖させていただくことで、臨床各科の医師に対して、診断・治療を反省・検討するためのデータを提供します。

診断実績(2018年)

種 別 件 数
組織診断 4,196件
細胞診診断 6,095件
術中迅速診断 164件
病理解剖 4件

※左右にスクロールすると表がスライドします。