診療科のご案内

がん診療関連

がんリハビリテーション

 詳しい説明は、こちらからPDFファイルでもご覧いただけます。

がんリハビリテーションとは?

 がんおよびその治療にて受けた身体的および心理的な種々の制約に対して、個々の患者さんのそれぞれの家庭や社会へ、できるだけ早く復帰することができるように導いていくことが目的です。
 がんのリハビリは病気(がん)に対してアプローチするのではなく、患者さんの身体機能・動作能力に合わせてトレーニングします。また、がんに起因する症状や後遺症、治療の副作用、合併症等に考慮しながらリハビリを行います。
 がんのリハビリテーションには、「周術期リハビリテーション」と「緩和リハビリテーション」があります。

周術期リハビリテーション

 当院に入院中であり、手術をされた又は手術予定の患者さんに対して行う「周術期リハビリテーション」とは、次のものが挙げられます。
  (1) 主に消化器系がんの開胸・開腹手術、呼吸器系がんの開胸手術をされる前後の呼吸リハビリテーション
  (2) 消化器系がん、脳腫瘍・脊髄腫瘍、呼吸器系がんの術後に体力回復を図り、自宅退院に向けて行うリハビリテーション

緩和リハビリテーション

 末期のがん患者さんに対して行う「緩和リハビリテーション」は、次のものが挙げられます。  
  (1) 体力が落ちる、痛みがある状態で少しでも楽に動くことができるような動作練習や指導
  (2) 呼吸困難感を少しでも緩和できるように、呼吸法や呼吸介助、ポジショニング
  (3) 痛みが僅かでも緩和できるようにポジショニングや関節運動、温熱療法、経皮的電気刺激を行うもの

がんリハビリテーションの対象となる患者さんの例

 (1) 入院中の患者さん
 (2) 食道がん・肺がん・縦隔腫瘍・胃がん、肝臓がん、胆嚢がん、大腸がんと診断され、入院中に手術された又は予定される方
 (3) 骨軟部腫瘍又はがんの骨転移により、入院中に患肢温存術又は切断術、創外固定又はピン固定等の固定術、化学療法もしくは放射線治療がされた又はされる予定の方
 (4) 原発性脳腫瘍又は転移性脳腫瘍で入院中に手術又は放射線治療された又はされる予定の方
 (5) 入院中に骨髄抑制を起こしうる化学療法をする予定又は実施された方
 (6) 緩和ケア主体で治療を行っている進行がん、末期がんの患者であって、症状増悪のため一時的に入院加療を行っており、在宅復帰を目的としたリハビリテーションが必要な方

 基本的に、手術後、主治医の許可のもとリハビリを開始します。手術の翌日からベッドから立ち上がり、歩行訓練を開始する方もいます。

当院でのがんリハビリの流れ

 (1) 主治医からリハビリテーションについて説明
   ↓
 (2) リハビリスタッフが患者とのオリエンテーション
   ↓
 (3) 筋力強化や歩行距離を拡大し、少しずつ体力の向上を図り、自宅退院に向けて訓練に励んでもらい、自信を持って社会できるようにできる範囲での取り組みを行う

当院のがんリハビリスタッフのご紹介

 リハビリには、PT・OTという職種がかかわります。PTとは日本語では理学療法士、OTとは作業療法士を示します。
 PTは、歩行練習や筋力トレーニング、体のダイナミックな動きの習得を目指し行います。OTは、腕の筋力トレーニングや作業耐久性の向上、作業手順の習得を目指し行います。

 主治医をはじめ、一人の患者に関わる医療スタッフとチームを組み私たちは、退院後スムーズに日常 生活を送ることができるように全力でサポートします!

リンク

 診療部リハビリテーション室のページ

NST 栄養サポートチーム

NSTとは、Nutrition Support Team (栄養サポートチーム)の略で、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士といった様々な職種の者が集まり、栄養管理を行うチームです。

NSTの役割
  1. 栄養評価を行い栄養管理が必要かどうか判定する。
  2. 栄養管理方法の指導・提言を行う。
  3. 栄養管理にともなう合併症の予防・早期発見・治療を行う。
  4. 早期退院や社会復帰を助けQOL(生活の質)を保つ。

 当院のNSTスタッフは、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士が日本静脈経腸栄養学会認定の資格である「NST専門療法士」を取得し、さらなる知識と技術の向上に努めております。
 また、当院は日本静脈経腸栄養学会「NST専門療法士」認定教育施設となっており、NST専門療法士の養成を行っています。

「NST専門療法士」とは?

日本静脈経腸栄養学会が認定する資格で、平成16年より認定制度が設けられました。学会の定める所定の条件をみたし、主として静脈栄養、経腸栄養を用いた臨床栄養学に関する優れた知識と技能を有しているとみなされた者を認定されています。

入院患者の皆様へのサポート

 院時あるいは入院中に栄養状態の改善が必要と判断され、栄養についてのサポートが必要とされる患者さんに対し、主治医と共に我々NSTスタッフがかかわらせていただいています。

 がん患者さんは化学療法や放射線治療を行うと、味覚に変化が起きる、食欲不振や吐き気、嘔吐が見られることなどがあります。また、手術後に食事量がなかなか戻らず体重減少に悩まれる方もいらっしゃいます。NSTは、そのような方々のサポートを行っています。

外来で通院されている患者様へのサポート

 外来通院中の方は、がんサポート室でのご相談も受け付けています。食事の面で困ったことがありましたら、がんサポート室の認定看護師までお声掛けください。管理栄養士がお伺いします。

問い合わせ:がんサポート室(059-345-2321(代表))
(がんサポート室は、本館1階です)

来院される皆様へ

外来診療の受付 059-345-2321 午前8:30~午前11:30

面会時間

  • 休診のお知らせ
  • 受診される方へ
  • 入院される方へ
  • ご面会される方へ
  • 外来医師担当表
  • 病院各階のご案内

地方独立行政法人
三重県立総合医療センター

〒510-8561三重県四日市市大字日永5450-132

交通のご案内

お問い合わせ