研究部門

中央検査部
三重大学大学院(連携)生命医科学専攻 病態解析内科学講座(General Internal Medicine, Mie Graduate School of Medicine)

概要

 三重県立総合医療センターは、三重県北勢地域における総合病院であり、またさまざまな疾患の拠点病院の指定を受けています。特に、がん、消化器疾患、感染症疾患を中心に幅広い、豊富な臨床症例があります。研究では、その臨床的特徴を生かして、消化器疾患、感染症疾患分野における最先端の研究を展開しています。このような活発な研究活動をもとに、当院研究部門に三重大学大学院・生命医科学専攻・病態解析内科学講座が設置され、研究環境の整備および研究員、研究費が充実されてきています。
 臨床に直結する研究(トランスレーショナルリサーチ)を基本に最先端の臨床研究を積極的に進めています。

研究室の概要

代表研究者

副院長兼中央検査部長
三重大学連携大学院 教授
白木 克哉
TEL 059-345-2321(研究室2633)
e-mail: katsuya-shiraki@mie-gmc.jp

研究員

菅 大典
安本 浩二
高羽 桂

研究室

臨床情報解析室
中央検査部内研究室

研究内容

 内科学分野の中でも特に、感染症、消化器疾患、がん疾患、生活習慣病や画像診断などの分野について多角的かつ横断的に研究に取り組んでいます。日常遭遇する様々な疾患は、生活習慣や感染などに起因することが多いとされていますが、その関連性については、多くの因子が関与するため一元的に検討することは困難です。また、感染などに対する宿主免疫が疾患におよぼす影響なども十分に解明されていません。
 本大学院では、生体からの様々な反応が、疾病や病態の形成や修飾にいかに影響を及ぼしているかを、特に、感染症、薬剤、臓器ストレスや生活習慣に対する生応に着目して、病態の本質にせまる研究を目指します。さらに、その結果を踏まえた新規診断法や治療法の開発に取り組みます。現在進行中の研究内容の概要は以下に示します。

  1. 腸内フローラと生活習慣病の関連
  2. 腸内フローラの変化と大腸がん発がんに関する研究
  3. ピロリ菌が全身疾患におよぼす影響
  4. 腸内真菌と全身免疫能に関する研究
  5. 薬剤反応と自己免疫性疾患の関連
  6. HIVと感染症に関する研究
  7. 肝炎ウイルスの新規治療法に関する研究
  8. 消化器疾患や肝疾患の新規画像診断の開発

研究業績

  1. Mori N, Nishiura Y, Suga D, Moritani I, Yamanaka Y, Ooya Y, Inoue H, Takase K, Hioki M, Shiraki K. Second-line triple therapy in failures with vonoprazan-based triple therapy for eradication of Helicobacter pylori. Biomed Rep. 2018;9(2):169-174.
  2. Mori N and Shiraki K. Construction of a system to prevent Hepatitis B birus reactivation by inter-professional collaboration. J J A Inf D 2018; 92:558-570.
  3. Nakano T, Takahashi M, Takahashi K, Nagashima S, Suzuki Y, Nishigaki Y, Tomita E, Okano H, Oya Y, Shiraki K, Takase K, Sugimoto K, Koyama J, Mizuo H, Ikezawa K, Aikawa T, Arai M, Okamoto H. Hepatitis E virus subtype 3f strains isolated from Japanese hepatitis patients with no history of travel to endemic areas – The origin analyzed by molecular evolution. Virology. 2018;513:146-152.
  4. Yasumoto K, Shiraki K, Ito M. Stimp Appendicitis.J Clin Gastro Hepatology. 2018:2:i2
  5. Kasai C, Sugimoto K, Moritani I, Tanaka J, Oya Y, Inoue H, Tameda M, Shiraki K, Ito M, Takei Y, Takase K. Changes in plasma ghrelin and leptin levels in patients with peptic ulcer and gastritis following eradication of Helicobacter pylori infection. BMC Gastroenterol. 2016;16(1):119.
  6. Kasai C, Sugimoto K, Moritani I, Tanaka J, Oya Y, Inoue H, Tameda M, Shiraki K, Ito M, Takei Y, Takase K. Comparison of human gut microbiota in control subjects and patients with colorectal carcinoma in adenoma: Terminal restriction fragment length polymorphism and next-generation sequencing analyses. Oncol Rep. 2016;35(1):325-33.
  7. Kasai C, Sugimoto K, Moritani I, Tanaka J, Oya Y, Inoue H, Tameda M, Shiraki , Ito M, Takei Y, Takase K. Comparison of the gut microbiota composition between bese and non-obese individuals in a Japanese population, as analyzed by terminal estriction fragment length polymorphism and next-generation sequencing. BMC astroenterol. 2015;15:100.

来院される皆様へ

外来診療の受付 059-345-2321 午前8:30~午前11:30

面会時間

  • 休診のお知らせ
  • 受診される方へ
  • 入院される方へ
  • ご面会される方へ
  • 外来医師担当表
  • 病院各階のご案内

地方独立行政法人
三重県立総合医療センター

〒510-8561三重県四日市市大字日永5450-132

交通のご案内

お問い合わせ