地域医療連携

当院では、地域の方々に継続性のある充実した医療を提供し、地域医療の発展に貢献することを目的として、地域医療機関との連携に積極的に取り組んでいます。その一翼を担う目的で、当センターでは「地域連携課(かけはし)」を設置しています。
「地域連携課(かけはし)」は、地域で開業されている診療所の先生方や当院を支援していただいている病院・施設にとっての窓口機能を担っています。また、患者さんの福祉的な相談をお受けする窓口にもなっています。

かかりつけ医をもちましょう

かかりつけ医とは、普段の健康管理をしてくれる身近な医師のことで、日頃の診察の他にも健康相談や検診、指導など、いろいろな問題について気軽に相談できる医師のことです。一般的にかかりつけ医というと、お近くにある診療所(○○医院、□□クリニックなど)の先生になります。
病気は早期発見が大切です。症状を放置してひどくなってから大きな病院に行くのではなく、症状があったらすぐかかりつけ医に相談し、必要に応じて大きな病院に紹介してもらうことが早期発見につながると言われています。
当センターは、集中的に治療が必要な患者さんに高度で先進的な医療を提供することを本来の目的としています。当センターへの受診はできるだけ、かかりつけ医からの紹介状を持ってお越しください。

逆紹介について

当院から、 症状が安定した患者さんをお近くの診療所等に紹介することを「逆紹介」と言います。当院では、地域医療連携の視点から「逆紹介」を積極的に推進しています。症状に変化があった場合には再度当院を受診していただくことを前提としておりますので、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

ご入院いただく患者さんへ

当センターは、主に緊急性のある集中的な治療が必要な方を入院対象にしている病院です(「急性期病院」といいます)。急性期病院では、集中的な治療が終わって、後は長期療養もしくはリハビリテーション治療が主体という状態になると、在宅での療養、または療養型の病院やリハビリテーション専門病院等への転院をすすめさせていただくことになります。

在宅での療養にご不安な点がある、転院先をどこにすればよいかわからない等のことがありましたら、主治医か看護師にお申し付けいただくか、患者さん相談窓口まで直接お越しください。介護保険制度のご説明や転院先候補のご紹介・調整など、地域連携課職員がサポートさせいていただきます。

患者さん相談窓口

 当院では、患者さんの治療上のご不安や悩み事のご相談に応じられるように「患者さん相談窓口」を設置しています。この窓口では、次のようなご相談をお受けしています。

  • 身体障害者手帳など社会福祉制度に関すること
  • 退院後の療養生活(転院先や在宅療養)に関すること
  • 医療費のお支払に関すること
  • その他、治療上のお悩み、ご不安なこと

 また、当院には、「がん相談支援センター」が設置されています。詳しくは、「こちら」からご覧ください。

場所:当院1階地域連携課「かけはし」内
相談時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)
電話:059-345-2321(代表)

来院される皆様へ

外来診療の受付 059-345-2321 午前8:30~午前11:30

面会時間

  • 休診のお知らせ
  • 受診される方へ
  • 入院される方へ
  • ご面会される方へ
  • 外来医師担当表
  • 病院各階のご案内

地方独立行政法人
三重県立総合医療センター

〒510-8561三重県四日市市大字日永5450-132

交通のご案内

お問い合わせ