基本理念・基本方針・各種方針

基本理念

  • 救命救急、高度、特殊医療等を提供することにより、県の医療水準の向上に貢献します。
  • 安全・安心で互いにささえあう社会の実現に向けて医療面から貢献します。

基本方針

  1. 患者の皆様の権利を尊重し、信頼と満足の得られるチーム医療を提供します。
  2. 県の基幹病院として医療水準の向上に努めるとともに、医療人材の育成に貢献します。
  3. 県内医療機関との連携を強化し、地域医療の充実に努めます。
  4. 職場環境を改善し、職員のモチベーションの向上に努めます。
  5. 責任と権限を明確にした自律的・自主的な経営を行います。

患者の皆様の権利と責務、職業倫理、臨床倫理及びパートナーシップに関する方針について

患者の皆様の権利と責務に関する方針

受診される皆様の権利
  1. 人として尊重され最善の医療を受ける権利があります。
  2. 医療行為についての情報提供と説明を受ける権利があります。
  3. 患者の皆様の理解と同意に基づいた医療を受ける権利があります。
  4. 診療情報の保護により、プライバシーを尊重される権利があります。
守っていただく事項
  1. 心身の健康状態などの必要事項については、正確で詳細な情報をお伝えください。
  2. 医療行為は、理解と合意のうえで受けてください。
  3. お互いに、礼儀正しく社会的ルールをお守りください。
  4. 医療費の支払い請求を受けたときは、速やかにお支払いください。

職業倫理に関する方針

  1. 病院の基本方針を遵守するとともに、職業の尊厳と責任を自覚します。
  2. 患者の皆様の人格、プライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守します。
  3. 患者の皆様中心の医療を協力して行い、医療を通して社会の発展に尽くすとともに法令を遵守します。

臨床における倫理に関する方針

  1. 患者の皆様の人格を尊重します。
  2. 患者の皆様の意思を十分確認し、自己決定権を尊重します。
  3. 医療内容や必要な事項についてわかりやすい言葉で丁寧に説明します。
  4. 患者の皆様に有益な医療を提供します。
  5. 守秘義務と個人情報を保護します。
  6. 患者の皆様の治療にあたっては、関係法令を遵守します。

患者の皆様とのパートナーシップに関する方針

患者の皆様と診療情報を共有し、診療への参加を促進するなど、医療者とのパートナーシップを構築してより良い医療を提供していくため、以下のような努力と患者の皆様へのお願いをしています。

1. 患者の皆様の権利を知り尊重する
  • 個人として尊重され、良質な医療を平等に受ける権利
  • 十分な説明を受ける権利
  • 自分が受ける医療に参加し自ら決定する権利
  • 自分が受けている医療について知る権利
  • 医療サービスに対して、意見を申し出る権利
  • 個人のプライバシーが守られる権利
2. 患者の皆様の役割を明らかにし、理解してもらう
  • ご自身の体調や受けた医療について、質問や気がかりなことがあればいつでも申し出て下さい。
  • 毎日の服薬や処置にあたって、過誤を防ぐための確認に積極的にご協力下さい。
  • 本人確認のためのご協力(お名前の点呼、お返事)をお願いします。
  • ご自身の医療情報(薬歴、アレルギー歴、検査歴、既往歴、診療歴)を保存し、必要に応じてお教え下さい。
  • 医療に関する希望を率直かつ積極的にお伝え下さい。
  • 他の患者の皆様の医療の妨げにならないよう配慮して下さい。
3. 安全確保の向上に努める
  • 医療事故防止のため、組織的な努力を行います。
  • 患者の皆様には医療に伴うリスク管理のパートナーになることをお願いします。
    (医療や安全に必要な指示の厳守、本人確認への協力、過誤予防の点検に参加等)
  • 治療を受けているときに不安に感じることがあったら質問して下さい。
  • 安全管理に疑問を感じたらいつでも申し出て下さい。
4. 適切な医療情報の提供を工夫する
  • 「説明と同意」に基づく医療を行います。
  • 適切な医療情報を提供できるよう工夫します。(HP等)

リスクマネージメント ~皆様の安全のために~

日常の診療において、全ての医療従事者は少なからず「ヒヤリ、ハット」する経験を持っています。 しかし、私たちは「ヒヤリ、ハット」の直後に大事に至らずホッと安堵しつつ、「何故こんなことが起こったのだろう」と自問し、「何が原因だったのか」と考えます。

医療機関で発生する事故はまさに命に直結する重大な結末を招きます。 それをいかにして防ぐか、診療上の危険因子(リスク)をいかに避けるか、それが私たち医療従事者の大切な業務のひとつです。

先人達の経験から、重大な事故が発生する背景には300の「ヒヤリ・ハット」事例があることが知られています。 即ち、病院全体で日常経験する「ヒヤリ・ハット」事例を漏らさず収集し、あらゆる可能性のある危険因子を明かにし、重大事故を防止する体制が不可欠です。

当院では、医療に従事する全ての職種・部署にリスクマネージャーを置き、「ヒヤリ・ハット」事例を自主的に報告し収集する体制が確立されています。

その中心となるのがリスクマネージメント部会で、収集された「ヒヤリ・ハット」事例からその背景にある危険因子をいかに排除するか、どのようにしたらより安全な医療が実施できるかを分析します。 そして、委員会から全職員にリスク回避対策や業務の見直し、診療体制の改善策が示されます。 信頼と安全を保証するための、医療機関としての基本体制です。

皆様の安全のために

クリティカルパス ~快適な入院のために~

クリティカルパスの起源は、米国海軍でミサイルの製造精度を上げるために開発された製造管理のための分析手法です。

個々の職人さんたちの技術がいかに高くても、共同作業がうまく行われなければ均質な精度が保たれません。最近では、このクリティカルパスが医療の中に応用され始めています。

典型的な経過をたどる糖尿病教育入院などは、治療経過がパターン化しやすくクリティカルパスを実行することで、これからの検査予定、治療計画、さらに退院までの日数などがおおよそ入院時に理解することができ、患者さんの不安が少なくなります。 さらに医療スタッフ全員が共通に認識をもつことによって、精度の高い医療を過失なく提供できるようになります。

とかく不均一で非効率に陥りやすい医療を改善するために、現在当院では、約50の病気に対しクリティカルパスを用いています。

もちろん患者さんの病態が急変したような場合は適宜これをフィードバックさせ(バリアンス管理)、定期的なクリティカルパス委員会にて改訂を行っています。

来院される皆様へ

外来診療の受付 059-345-2321 午前8:30~午前11:30

面会時間

  • 休診のお知らせ
  • 受診される方へ
  • 入院される方へ
  • ご面会される方へ
  • 外来医師担当表
  • 病院各階のご案内

地方独立行政法人
三重県立総合医療センター

〒510-8561三重県四日市市大字日永5450-132

交通のご案内

お問い合わせ