診療科のご案内

小児科

診療方針

 地域周産期母子医療センターの指定を受け、北勢地区基幹病院としての小児医療を目指しております。また、小児科医師数は北勢地区の病院の小児科では最大人数を確保しています。
 以下に各部門の概略を記し、皆様方のご批判、ご教示を賜りながら公立病院として、地域医療のみならず、三重県全県にわたる小児医療に貢献すべく精進します。

周産期母子医療センター

 本院開院時に、県内で初めてNICU(未熟児新生児集中治療室)の認可を受け、多くの未熟児および病的新生児の診療が行われています。
 退院後のフォローは未熟児新生児専門外来にて発達のフォローを行っています。周産期棟の増改築を行い、現在NICU6床、GCU12床の計18床にて運用しており、需要に応じ9床+18床までの増床が可能です。

小児科病棟(3階西病棟)

 感染症等の一般小児疾患に加え、精査を必要とする各種疾患に対応しています。
 重篤な急性疾患については、当院に設置されている「救命救急センター」と連携をとり集中治療を行います。また、特殊疾患にて精査を要する患者さんについては、県内外の各分野の専門医と連携を取りながら診断治療を行います。

外来診療

 一般の急性期疾患等に加え、心疾患、神経疾患(てんかん等)、アレルギー疾患、内分泌疾患等の専門性の高い疾患については、一般外来とは区別して院外からの専門医の協力を受け、専門外来を開設しております。

救急外来

 当院は、本来2次、3次救急を担うべき施設ではありますが、小児救急の特殊性、必要性を考慮して対応しています。特に、紹介いただいた患児の場合は原則24時間お断りすることなく対応させていただいています。

スタッフ紹介

杉山謙二(診療部長兼科部長兼周産期母子センター副センター長)/スギヤマ ケンジ

・昭和63年医学部卒業
・日本小児科学会専門医・指導医
・日本周産期・新生児医学会暫定指導医
・日本周産期・新生児医学会新生児専門医

太田 穂高(医長)/オオタ ホダカ

・平成4年医学部卒業
・日本小児科学会専門医・指導医
・日本小児神経学会専門医

西森 久史(医長)/ニシモリ ヒサシ

・平成5年医学部卒業
・日本小児科学会専門医・指導医
・日本アレルギー学会専門医

大森 雄介(医長)/オオモリ ユウスケ

・平成10年医学部卒業
・日本小児科学会専門医・指導医
・日本周産期・新生児医学会新生児専門医
・日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コースインストラクター

山口 佳子(医長)/ヤマグチ ケイコ

・平成12年医学部卒業
・日本小児科学会専門医・指導医
・MMC臨床研修医指導医
・(病理)解剖資格

清 馨子(医長)/セイ ケイコ

・平成13年医学部卒業
・日本小児科学会専門医

櫻井 直人(医長)/サクライ ナオト

・平成16年医学部卒業
・日本小児科学会専門医

東 礼次郎/アズマ レイジロウ

・平成25年度医学部

武岡 真美/タケオカ マミ

・平成26年医学部卒業

乙部 裕 オトベ ユタカ

・平成27年医学部卒業

牛田 英里 ウシダ エリ

・平成27年医学部卒業

米野 翔太 ヨネノ ショウタ

・平成27年医学部卒業

診療実績

来院される皆様へ

外来診療の受付 059-345-2321 午前8:30~午前11:30

面会時間

  • 休診のお知らせ
  • 受診される方へ
  • 入院される方へ
  • ご面会される方へ
  • 外来医師担当表
  • 病院各階のご案内

地方独立行政法人
三重県立総合医療センター

〒510-8561三重県四日市市大字日永5450-132

交通のご案内

お問い合わせ