診療科のご案内

産婦人科

診療方針

当科では、産婦人科診療全般を診療対象としています。(産科救急・婦人科救急含む)
産科部門では、ハイリスク妊娠(切迫流/早産、妊娠高血圧症、合併症妊娠など)を治療する「地域周産期母子医療センター」の指定を受けています。平成25年4月から、周産期棟がオープンし、NICU・GCU(新生児集中治療室)が増床され、平成26年2月からMFICU(母体・胎児集中治療室)が併設されました。胎児診断外来(要紹介予約)も行っています。
婦人科部門では、婦人科良性疾患(子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮外妊娠、子宮下垂/脱など)、悪性腫瘍(子宮頚部癌、体部癌、卵巣癌など)の診断・治療を中心に行っています。

当科の特色・主要疾患治療プロトコール

腹腔鏡手術:身体にかかる負担が少ない腹腔鏡手術を積極的に行っています。適応があれば婦人科良性疾患のほとんどが腹腔鏡手術の対象となります。
腹腔鏡手術の適応範囲は良性疾患から悪性疾患へと拡がっています。平成27年4月から、それまで先進医療で(以前から当院でも先進医療で行っていました)あった子宮体部癌の腹腔鏡手術が健康保険適用になりました。
当院の治療として、子宮鏡手術や以前先進医療とされていた、マイクロ波子宮内膜アブレーションを行っています。
婦人科癌化学療法:入院による化学療法および患者様のQOLを向上させるため外来化学療法を積極的に行っています。
たんぽぽ外来:助産師が産前産後の患者様の相談にのります。授乳相談や育児相談もお受けしています。

スタッフ紹介

谷口晴記(副院長兼診療部部長兼臨床研修センター長兼HIV診療委員会委員長)/タニグチ ハルキ

・昭和52年医学部卒業
・母体保護法指定医
・日本産科婦人科学会専門医・指導医
・日本感染症学会感染症評議員・専門医
・日本周産期・新生児医学会暫定指導医・暫定代表医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医
・日本性感染症学会認定医
・日本エイズ学会認定医・指導医
・インフェクションコントロールドクターICD(日本性感染症学会推薦)

朝倉 徹夫(診療部長 兼 科部長 兼 周産期母子センター長)/アサクラ テツオ

・昭和57年医学部卒業
・母体保護法指定医
・日本産科婦人科学会専門医

田中 浩彦(診療部長)/タナカ ヒロヒコ

・昭和61年医学部卒業
・母体保護法指定医
・日本産科婦人科学会専門医・指導医
・日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
・日本内視鏡外科学会技術認定医
・日本臨床細胞学会細胞診専門医
・国際細胞学会フェローFIAC
・インフェクションコントロールドクターICD
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医

井澤 美穂/イザワ ミホ

・平成11年医学部卒業
・日本産科婦人科学会産婦人科専門医
・日本内科学会認定内科医
・日本医師会認定産業医

中野 譲子/ナカノ マサコ

・平成17年医学部卒業
・日本産科婦人科学会専門医

小田 日東美/オダ ヒトミ

・平成19年医学部卒業
・母体保護法指定医
・日本産科婦人科学会専門医

秋山 登/アキヤマ ノボル

・平成24年医学部卒業
・日本産科婦人科学会専門医

脇坂 太貴/ワキサカ ヒロキ

・平成26年医学部卒業

診療実績

来院される皆様へ

外来診療の受付 059-345-2321 午前8:30~午前11:30

面会時間

  • 休診のお知らせ
  • 受診される方へ
  • 入院される方へ
  • ご面会される方へ
  • 外来医師担当表
  • 病院各階のご案内

地方独立行政法人
三重県立総合医療センター

〒510-8561三重県四日市市大字日永5450-132

交通のご案内

お問い合わせ