診療科のご案内

循環器内科

診療方針

 当科は、心臓血管疾患および高血圧等循環器疾患を広汎に担当しています。

 心臓血管疾患では、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心臓弁膜症、心筋症、不整脈、ペースメーカー植込み、先天性心疾患、肺血栓塞栓症・深部静脈血栓症、大動脈疾患などを扱い、さらに救急診療としては、心不全、急性心筋梗塞、不安定狭心症、不整脈、大動脈解離、肺血栓塞栓症などの循環器救急に迅速に対応すべく待機医を配しています。また、心臓血管外科医と密な連携をとり対処しています。

 虚血性心疾患の方には、320列マルチスライスCTによる冠動脈CT、非侵襲的な核医学検査とともに必要と思われる患者さんには積極的に心臓カテーテル検査を行っています。左心カテーテルの穿刺部位は手首の動脈(橈骨動脈)、肘の動脈(上腕動脈)、太ももの動脈(大腿動脈)を使用しておりますが、なるべく患者さんの負担にならないよう手首か肘の血管を選択するようにしています。

 冠動脈疾患の場合、患者さんの背景、重症度、年齢、糖尿病の有無などに応じて、内科的保存療法(投薬観察)か、バルーン、ステントなどによる冠動脈形成術か、冠動脈バイパス術かを厳密に選択しています。

 冠動脈インターベンション(冠動脈形成術)では、穿刺部位は手首の血管をほとんどの例で使用していますので、侵襲が少なく術後安楽にお過ごしいただけます。また再狭窄の少ない薬剤溶出性ステントを必要と判断される患者さんには積極的に使用するようにし、再狭窄の減少とともに確実な治療成果を目指しています。

 高齢化に伴い種々の心疾患を基礎とする心不全患者さんが激増しており、必要性および重症度に応じて入院投薬治療、補助循環装置の利用等手段を駆使して病態に則した治療を行い、また再入院を減らすよう努めています。

 不整脈疾患に対しては、確実な診断と、投薬やペースメーカーによる治療にあたっています。より高度な不整脈治療を希望される場合は、大学病院の専門医に紹介させていただく場合もあります。

 肺血栓塞栓症・深部静脈血栓症に対しては、下肢静脈エコー、静脈造影、心エコー、マルチスライスCT、肺血流シンチ、肺動脈造影などを使用して、正確な診断と適正な治療(抗凝固療法、血栓溶解療法、回収可能型下大静脈フィルター留置術など)を行っています。

 大動脈疾患に関しては、当院の血管外科との綿密な連携により、迅速かつ最も安全で確実な治療を提供しています。

 以上、循環器疾患は緊急性が高いため、当科は24時間、365日体制で複数の医師が当直または待機にて診療させていただいています。当院にかかりつけの患者さんのみならず、近隣遠隔を問わず、他医、他院よりの紹介患者さんにおいても病診連携の意味から、幅広く対応させていただいています。

主疾患治療プロトコール

・冠動脈造影検査
・経皮的冠動脈形成術
・急性心筋梗塞
・急性大動脈解離
・ペースメーカー植込み・電池交換

スタッフ紹介

牧野克俊(副院長兼循環器内科部長)/マキノ カツトシ

・昭和56年医学部卒業
・日本内科学会専門医・指導医・評議員・総合内科専門医・指導医
・日本循環器学会専門医・評議員
・日本心血管インターベンション学会専門医・指導医
・日本心臓病学会特別正会員(FJCC)
・JMECCインストラクター
・ICLSディレクター

中嶋 寛(医長)/ナカジマ ヒロシ

・平成12年医学部卒業
・日本内科学会認定医・指導医・総合内科専門医
・日本循環器学会専門医
・日本高血圧学会専門医・指導医

仲田 智之(医長) ナカタ トモユキ

・平成13年医学部卒業
・日本内科学会
・日本循環器学会
・日本心臓病学会
・心血管インターベンション治療学会

廣田 敦也/ヒロタ アツヤ

・平成24年医学部卒業
・日本内科学会認定医

加藤 誉史/カトウ タカシ

・平成24年医学部卒業
・日本内科学会認定医

診療実績

来院される皆様へ

外来診療の受付 059-345-2321 午前8:30~午前11:30

面会時間

  • 休診のお知らせ
  • 受診される方へ
  • 入院される方へ
  • ご面会される方へ
  • 外来医師担当表
  • 病院各階のご案内

地方独立行政法人
三重県立総合医療センター

〒510-8561三重県四日市市大字日永5450-132

交通のご案内

お問い合わせ