診療科のご案内

泌尿器科

診療方針

 当科では、主として、尿路性器悪性腫瘍(前立腺がん、膀胱がん、腎がん、精巣がんなど)の診断・治療を中心に行っています。
 治療としては手術のみならず、放射線療法や抗がん剤を使用した全身化学療法なども積極的に行っております。その他、前立腺肥大症・尿失禁などの女性泌尿器疾患・神経泌尿器疾患も増加しており、適宜対応しています。
 なお、下部尿路結石(膀胱・尿道結石)は当院にても治療可能ですが、上部尿路結石(腎・尿管結石)の結石破砕術に関しては、四日市羽津医療センター(四日市社会保険病院)泌尿器科と連携し、治療を行っています。
 また、前立腺肥大症や膀胱癌に対する経尿道的前立腺切除術や経尿道的膀胱腫瘍切除術などの内視鏡的治療法である経尿道的切除術(TUR: transurethral resection)では電解質溶液下で良好な切開性能が得られるTURis (TUR in saline)システムを採用し、良好な成績を得ています。

主疾患治療プロトコール(クリニカルパスを含む)

 症例数の多い経直腸的前立腺針生検や経尿道的膀胱腫瘍切除術をはじめ、各入院検査・手術ではクリニカルパスを用いています。また、疾患別標準資料・説明書を作成し、患者さんの説明に用いています。
 一方、悪性疾患(がん)に対する化学療法も積極的に行っています。腎細胞がにおいては、分子標的薬による治療を導入しており、進行膀胱がん(尿路上皮がん)の全身化学療法としてはジェムシタビンやタキサン系抗がん剤を中心とした化学療法が標準的治療となっており、種々の化学療法を行っています。少量の抗がん剤を併用した化学放射線療法も行っています。また、内分泌療法抵抗性となった去勢抵抗性前立腺癌でもタキサン系抗癌剤を用いた化学療法を積極的に行っています。
 前立腺がんを診断する経直腸的前立腺生検は前立腺体積にもよりますが、初回生検であれば少なくとも10ヶ所以上の多数ヶ所生検を1泊2日の入院で行っています。

男性外来を開設しています

 男性外来とは、男性不妊症、男性更年期障害(LOH症候群)、勃起不全(ED)など男性特有の疾患を扱う外来です。「完全予約制」とすることでプライバシーに配慮しつつ、一人一人の診察時間を確保して、泌尿器科専門医が診療を担当します。なお、一部の診療、投薬では自費診療となることがあります。
 対象となる方と主な疾患は、男性不妊症(無精子症、精子減少症、射精障害など)、LOH症候群(ロー症候群)、ED(勃起不全)などです。
 バイアグラなどの処方を希望される場合は、自費診療(薬代だけでなく、診察や検査に関わる費用なども100%自己負担)になります。また、心臓疾患などがある方には、御希望どおりに処方出来ないことがありますので、あらかじめご了承ください。詳しくは、男性外来のページをご覧下さい(トップページの「専門外来のご案内」から見ることができます。

スタッフ紹介

松浦 浩(科部長)/マツウラ ヒロシ

・平成2年医学部卒業
・日本泌尿器科学会専門医・指導医

荒瀬 栄樹(医長)/アラセ シゲキ

・平成14年医学部卒業
・日本泌尿器科学会専門医
・日本泌尿器科学会認定医・指導医

栃木 宏水(非常勤)/トチギ ヒロミ

・昭和48年医学部卒業
・日本泌尿器科学会専門医・指導医・評議員
・日本がん治療認定医機構暫定教育医

診療実績

来院される皆様へ

外来診療の受付 059-345-2321 午前8:30~午前11:30

面会時間

  • 休診のお知らせ
  • 受診される方へ
  • 入院される方へ
  • ご面会される方へ
  • 外来医師担当表
  • 病院各階のご案内

地方独立行政法人
三重県立総合医療センター

〒510-8561三重県四日市市大字日永5450-132

交通のご案内

お問い合わせ