血管造影検査(アンギオ検査,angiography)

 血管造影検査とは、X線と造影剤を用いて血管の走行を撮影する検査です。カテーテルという細い管を動脈または静脈に入れ、目的の部位まで進めて、造影剤で血管の形態や、血液の流れを撮影します。

検査機器・設備

  • 心臓専用機(シングルプレーン) 1台
    1方向撮影(任意角度可動)
    心臓の血管が見やすい様に心臓を拡大して撮影できます。心臓は立体的ですので、いろいろな角度でスピーディーに撮影できるように機器が”C”の様な型になっています
  • 頭部・腹部汎用機(バイプレーン) 1台
    2方向同時撮影(任意角度可動)
    頭部血管は、撮影装置が1台で2つ付いており正面・側面の同時撮影が可能です。心臓専用機と同様に機器が”C”の様な型になっています。特に頭では、あまり機器を動かさずに1回の撮影で2方向撮影できます。
  • 心臓血管撮影装置

  • 頭部・腹部血管撮影装置

検査を受ける方へ

検査方法・当日の流れ

 入院されてからの検査です。外来(日帰り)では行っておりません。入院されてからの検査・治療になります。

注意事項・所要時間

 入院(入院予約)時に詳しく説明させていただきます。

所要時間

 入院(入院予約)時に詳しく説明させていただきます。

検査結果

心臓カテーテル検査

 代表的な病気は心筋梗塞です。検査後そのままカテーテル治療になります。
 心筋梗塞は血管に異物が付き血液が心臓に流れなくなる、または少なくなる事によって起こります。これをバルーン(風船)とステント(金属の網目状の筒)で膨らませて血液の流れを回復します
  • 心臓血管(治療前)

  • バルーン治療

  • 心臓血管(治療後)

頭部・腹部血管撮影検査

頭部血管撮影検査
 代表的な病気は脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血です。
 脳動脈瘤(血管壁が薄くなり、こぶ状に膨らんだ箇所)の場所、形態など血管撮影にて確認することにより、手術前(動脈瘤のクリップ)の情報や、その場での治療(コイリング)に役立っています。
 ※コイリングとは、脳動脈瘤にコイル(塞栓物質)を入れて瘤(こぶ)が、破れないように補強することです。
  • 頭部血管3D画像

  • 頭部血管3D画像 拡大

腹部血管撮影検査
 代表的な病気は腫瘍の検査・治療です。
腫瘍を養っている血管を血管撮影にて確認し、選択的に血管を選び、薬剤と塞栓物質(酸素・栄養を絶つこと)を流す事で、より効果的に治療を行えます。

ご予約・ご紹介

ご予約方法

 外来受診後になります。