沿革

 当院は、昭和 23年 8月に、旧海軍燃料廠附属病院を継承した、「三重県立医学専門学校・三重県立医科大学附属塩浜病院」が前身です。その後、「県立総合塩浜病院」として、北勢地域における県立病院としての役割を果たしてきました。その間、いわゆる「四日市公害」が発生し、ぜんそく患者の方の治療も行ってきました。

 平成 6 年に、名称を「三重県立総合医療センター」に変更し、現在の四日市市日永の丘陵地帯に移転しました。平成 24 年 4 月 1 日には、病院の運営形態が「地方独立行政法人」となりました。

年表

平成6年10月
塩浜地区から移転し、「県立総合医療センター」開院
救急病院指定
身体障害者福祉法による更生医療指定病院承認
結核予防法指定病院の承認・生活保護指定病院承認
母子保健法による養育医療指定病院承認
臨床研修指定病院承認
保険医療機関指定承認
労災保険指定病院の変更承認・労災保険義肢採型指導医指定変更承認
労災アフターケア実施医療機関指定変更承認
平成7年4月
NICU施設認定
平成8年2月
「エイズ治療拠点病院」指定
4月
八代院長・宗行万之助就任
平成9年1月
「災害拠点病院」指定( 2 4 年4 月より「基幹災害拠点病院」指定)
平成11年4月
九代院長・鈴木宏志就任
適時適温給食導入
平成12年1月
西棟・手術棟完成
平成13年3月
6階東病棟改修
4月
「第二種感染症病床指定医療機関」指定
病床数(一般412床、救命救急センター30床、感染症4床)許可
7月
セミオープンベット開設
平成14年8月
「地域がん診療連携拠点病院」指定
10月
十代院長:小西得司就任
平成15年3月
「地域周産期母子医療センター」指定(NICU 3床、GCU 7床)
4月
「へき地医療拠点病院」指定
8月
新オーダリングシステム導入
9月
救命救急センター HCU ICU CCU に分離(ICU CCU 7床→6床)
平成16年3月
日本医療機能評価機構による病院機能評価認定取得(Ver.3)
パーキングシステム設置
4月
患者相談窓口設置
6月
外来化学療法室を開設(6床)
平成17年11月
太陽光発電システム設置
平成18年1月
緩和ケア外来開設
8月
電子カルテシステム稼動(初代)
平成20年3月
放射線治療システム(ライナック)設置更新
4月
十一代院長:高瀬幸次郎就任
クレジットカード決済開始
災害用地下水供給システム設置
7月
セカンドオピニオン外来開設
10月
外来化学療法室の移転(2階)及び増床(6床→10床)
11月
自治会との災害給水協定締結
血管造影撮影装置(心臓・頭腹部アンギオ)設置更新
平成21年3月
三重DMAT派遣協定締結(三重DMAT派遣病院)
4月
DPC(診断群分類包括評価制度)開始
6月
日本医療機能評価機構による病院機能評価認定を取得(Ver.5)
8月
がんサポート室開設
10月
7対1看護基準取得
平成22年6月
地域連携室「かけはし」移転開設(1階)
10月
320列マルチスライスCT装置導入
平成23年8月
電子カルテシステム更新(二代目)
平成24年4月
地方独立行政法人化
法人初代理事長:高瀬幸次郎就任(院長兼務)
平成25年3月
内視鏡棟増設(内視鏡センター設置)
4月
周産期棟増設NICU増床(3床→6床)、GCU増床(7床→12床)
卒後臨床研修評価機構による認定取得
6月
「地域医療支援病院」承認
平成26年2月
MFICU(5床)稼働
5月
日本医療機能評価機構による病院機能評価認定取得(3rdG:Ver.1.0)
11月
3.0T(テスラ)MRI診断装置導入
平成27年1月
3.0T(テスラ)MRI診断装置運用開始
4月
卒後臨床研修評価機構による認定取得
9月
救急科設置
10月
「北勢呼吸器センター」開設
「県がん診療連携準拠点病院」指定
12月
コンビニエンスストア開設
平成28年4月
総合内科、消化器外科、乳腺外科設置
9月
脳血管内治療科、脊椎脊髄外科設置
平成29年4月
救急科を救急・集中治療科へ改組
平成30年4月
二代理事長:新保秀人就任(院長兼務)
11月
小児外科設置
本ページに関するお問い合わせ

本ページの内容にかかるお問合せは下記代表電話にお電話いただき、担当課までご用件をお申し付けください。

059-345-2321(代表電話)

担当課:経営企画課