基本理念・基本方針・各種方針

 当院の基本理念・基本方針のほか、各種方針について掲載しています。

基本理念

  • 救命救急、高度、特殊医療等を提供することにより、県の医療水準の向上に貢献します。
  • 安全・安心で互いにささえあう社会の実現に向けて医療面から貢献します。

基本方針

  1. 患者の皆様の権利を尊重し、信頼と満足の得られるチーム医療を提供します。
  2. 県の基幹病院として医療水準の向上に努めるとともに、医療人材の育成に貢献します。
  3. 県内医療機関との連携を強化し、地域医療の充実に努めます。
  4. 職場環境を改善し、職員のモチベーションの向上に努めます。
  5. 責任と権限を明確にした自律的・自主的な経営を行います。

各種方針

職業倫理に関する方針

  1. 病院の基本方針を遵守するとともに、職業の尊厳と責任を自覚します。
  2. 患者の皆様の人格、プライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守します。
  3. 患者の皆様中心の医療を協力して行い、医療を通して社会の発展に尽くすとともに法令を遵守します。

患者の皆様の権利と責務に関する方針

受診される皆様の権利

  1. 人として尊重され最善の医療を受ける権利があります。
  2. 医療行為についての情報提供と説明を受ける権利があります。
  3. 患者の皆様の理解と同意に基づいた医療を受ける権利があります。
  4. 診療情報の保護により、プライバシーを尊重される権利があります。 

守っていただく事項

  1. 心身の健康状態などの必要事項については、正確で詳細な情報をお伝えください。
  2. 医療行為は、理解と合意のうえで受けてください。
  3. お互いに、礼儀正しく社会的ルールをお守りください。
  4. 医療費の支払い請求を受けたときは、速やかにお支払いください。

臨床における倫理に関する方針

  1. 患者の皆様の人格を尊重します。
  2. 患者の皆様の意思を十分確認し、自己決定権を尊重します。
  3. 医療内容や必要な事項についてわかりやすい言葉で丁寧に説明します。
  4. 患者の皆様に有益な医療を提供します。
  5. 守秘義務と個人情報を保護します。
  6. 患者の皆様の治療にあたっては、関係法令を遵守します。

患者の皆様とのパートナーシップに関する方針

患者の皆様と診療情報を共有し、診療への参加を促進するなど、医療者とのパートナーシップを構築してより良い医療を提供していくため、以下のような努力と患者の皆様へのお願いをしています。

1.患者の皆様の権利を知り尊重する

  • 個人として尊重され、良質な医療を平等に受ける権利
  • 十分な説明を受ける権利
  • 自分が受ける医療に参加し自ら決定する権利
  • 自分が受けている医療について知る権利
  • 医療サービスに対して、意見を申し出る権利
  • 個人のプライバシーが守られる権利

2.患者の皆様の役割を明らかにし、理解してもらう

  • ご自身の体調や受けた医療について、質問や気がかりなことがあればいつでも申し出て下さい。
  • 毎日の服薬や処置にあたって、過誤を防ぐための確認に積極的にご協力下さい。
  • 本人確認のためのご協力(お名前の点呼、お返事)をお願いします。
  • ご自身の医療情報(薬歴、アレルギー歴、検査歴、既往歴、診療歴)を保存し、必要に応じてお教え下さい。
  • 医療に関する希望を率直かつ積極的にお伝え下さい。
  • 他の患者の皆様の医療の妨げにならないよう配慮して下さい。

3.安全確保の向上に努める

  • 医療事故防止のため、組織的な努力を行います。
  • 患者の皆様には医療に伴うリスク管理のパートナーになることをお願いします。
  • (医療や安全に必要な指示の厳守、本人確認への協力、過誤予防の点検に参加等)
  • 治療を受けているときに不安に感じることがあったら質問して下さい。
  • 安全管理に疑問を感じたらいつでも申し出て下さい。

4.適切な医療情報の提供を工夫する

  • 「説明と同意」に基づく医療を行います。
  • 適切な医療情報を提供できるよう工夫します。(HP等)

皆様の安全のために

本ページに関するお問い合わせ

本ページの内容にかかるお問合せは下記代表電話にお電話いただき、担当課までご用件をお申し付けください。

059-345-2321(代表電話)

担当課:経営企画課